家族

流されて田舎暮らし。結婚も住む場所もよーく考えなかった人は私です

どうも、田舎暮らし11年目に突入した阿智(@achi_a2)です。 田舎育ちあるあるで「おらこんな村いやだー」と進学を
小学生

夏休みにぐんぐん成長する子ども。親にできることってなんだろうね

長男が小学生になって3度目の夏休みがもうすぐ終わろうとしています。 3年前、息子を通じて何十年ぶりかで体感した「夏休み」でしたが、もう
ライフ

アイシティ提携眼科での拭えぬセールス感は気になるけど、これは仕方ないか

先日、右目のコンタクトレンズがぶっ飛んで、泣く泣くレンズ購入となり、お金が飛んでいった阿智(@achi_a2)です。 コンタクト歴25
スポンサーリンク
ライフ

ハードレンズを安く買いたい!アイシティは安くないけど初回割引が大きいのでお得だった

コンタクトを片方無くした。正確にいえば、次男とタオル取りゲームして遊んでたら興奮したヤツがタオルを豪快に振り回して、私の顔面にあたりコン
家族

子どものために離婚しない、子どものために復縁もどき。母のそれって大抵ずれてる

「子どものために」って言葉を母がつかうときって、たいてい子どものためにはなっていないことが多いんだよねぇ(ため息) — 阿智 (@ac
子ども

セリアでカーズの浮き輪を買ってみた。品質と安全面が気になるけどコスパ良し

夏になると保育園では毎日プールがあります。ほんと、あんな面倒くさいもの毎日やっていただけるとか、先生方にはいつも感謝しかありません(;´д`
子ども

夏、子どもが車内に閉じ込められるっていう状況は思ってるより壮絶

暑いですね、阿智(@achi_a2)です。 ネットニュースをチェックしていたら、目に飛び込んできたこちらの記事。 男児が車内から誤っ
家族

仕事のストレスと過労で辛そうな夫に、 妻の私はなにができるんだろうか

最近、夫が辛そう。 このところ帰宅が深夜になる日がずっと続いていて、疲労が蓄積されていくのが目にみえてわかるようになってきた。
子ども

嗚呼、兄弟げんか… イライラして怒ってばかりの日々にほとほと嫌気がさしてきた

「なんでこう毎日毎日イライラしているんだ、私はどうなってしまうんだ」と、着火の早くなった自分の行く末を不安に思う日々が続いております。

感想【ご本、出しときますね?】オードリー若林トーク本。小説家の裏話がおもしろい!

この本、おもしろかった! BSジャパンで放送されていたオードリー若林正恭さんのトーク番組『ご本、出しときますね?』が書籍化されたもの。

読書感想【君の膵臓をたべたい】絶対泣ける!と評判なのにつまらなかった

「またつまらぬものを読んでしまった…」石川五右衛門のごとくそう言いたくなるような本だった。どうして私はこうもベストセラーが合わないの
家族

本当にこの人と結婚していいの?という悩みを友だちに相談してもダメ

わたしが結婚したのは30歳のとき。夫は31歳でした。 若いときなら愛だけで突っ走ることもできたでしょうが、年齢を重ねていくと結婚に対し
子ども

【母のお悩み】長男(小3)の性格で心配になってしまうこと

どこもそんなものかもしれないけど、うちの長男8歳と次男5歳、かなり性格の違う兄弟です。 「石橋を叩いて渡る」ということわざになぞらえて
幼児

未就学児でひらがな読めないって焦る必要なし!興味を持ったら子どもは早い!

保育園も年長さんになると「うちの子、まだ字が読めないんです」って心配してるお母さんをよく見かけます。 年長さんでひらがなが読めないとか
暮らし

私が手帳を活用できない理由がわかった。3月だけど1月始まり手帳でリスタート

手帳は毎年かってます。 11月か12月、年があける前に準備して、いそいそと年間の予定を書き込んでみたりして。家族の誕生日とかだけど。
暮らし

2階にいるとインターホンの音が全く聞こえないのでサウンドモニターを導入した

自宅2階にある仕事部屋にこもると、インターホンの音が聞こえない。在宅なのに不在連絡票が入っていたことも1度や2度ではなく、宅配業者の方々には
思うこと

好きなことをやって生きていこう、とか言うけど結局のところみんな頑張ってる

「好きなことをやって生きていこう」 みたいなワードが巷にはびこりだしたのはいつからだろう。一説によると、東日本大震災以降ってのを聞いた
思うこと

やることがいろいろあって、あれもこれも考え出すとイライラしてしまう

確定申告は無事に一段落して、さぁこれでのびのび過ごせるぞ!ってなるのが普通なんですけどね、なんだろうこのイライラ。 学生時代のテスト前
映画・ドラマ

感想「映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険」泣きのシーンなしは残念!

あぁもうこの季節がやってきましたね。3月といえば・・・ 「映画ドラえもん!」 とわたしの中では、わさびさんの声でやってみました。
映画・ドラマ

映画【湯を沸かすほどの熱い愛】本当に素晴らしい。母の愛に涙、自分の生きる意味を考える

『湯を沸かすほどの熱い愛』この映画、みにいって良かった。本当に素晴らしい。 主人公は余命2ヶ月を宣告された母で、最期の時間を家