ラジコンは電池喰い!充電式電池への切り替えは親も子どもも大満足だった

グッズ

子どもたちが大好きなラジコンカー。楽しいのはいいんだけど、電池の消耗が早すぎる!このままでは電池ビンボーだ。

いっそ充電式電池に切り替えてみようか。導入してみたらなにこれサイコー!思った以上に快適でした。もっと早くにこうしていればよかった。

(星5つ)

スポンサーリンク

ラジコンカーって電池くいすぎ!

我が家のお年玉ルールは、何か欲しいもの1つだけ買ってあとは 貯金します。今年は息子たちはそれぞれにラジコンカーを選びました。

自分のお金でかったラジコンに夢中の子どもたち。暇さえあれば動かしています。

遊んで遊んで、ちょっと休んでまた遊んで遊んで・・・

しばらくすると極端に動きが遅くなったので壊れたのかと思いましたが、調べてみると電池残量が少なかったせいでした。

電池を新品に交換するとまた動き出したけれども、こんなに頻繁になくなっては大変です。

しかも 必要な電池の数が多すぎる!(モノにもよる)

息子たちのラジコンの場合

  • コントローラー側:単四電池2本
  • 本体側(車体):単三電池4本

多い。しかもこれが2台分です。

 

充電式電池を導入してみようか、とすぐに検討を開始しました。

その前に充電池対応か確認する

しかしその前に!

ラジコンカーが充電式電池に対応しているかを確認しなければいけません。

充電式電池は乾電池よりもパワーが大きいので、想定されていない製品では故障の原因になることもあるそうなのです。

とはいえ大抵は使えるらしいけど、確認は必要だね。

ラジコンカーの説明書をみてみますと…

アルカリ乾電池、または単4形充電式電池をご使用ください。マンガン電池は仕様できません。(取扱説明書より)

なるほど、これは大丈夫なようですね。

充電式電池に切り替えよう

充電式電池に切り替えるのが本当にお得なのかどうか調べてみました。

パナソニック・エボルタ(乾電池)

夫が買ってきたのはトイザらスオリジナルの安い電池。

これダメでしょ。ましてやラジコンみたいなパワー要るやつ、絶対ダメでしょ。

なので買うとしたら、パナソニックのエボルタ。こちらで比較します。


なるほど、エボルタ12本で1000円前後か。うちの場合、単四2本×2台分なので、3回までチェンジできるか。(心もとない…)

パナソニック・エネループ(充電池)

充電池なら、パナソニックのエネループか充電式エボルタ

それぞれの特徴は以下の通り(パナソニック公式より)

  • エネループ:くり返し回数が長もち
  • 充電式エボルタ:1回の使用時間が長もち

電池容量はエボルタの方が少し大きいけれど、充電可能回数はエネループのほうが多い。価格はエネループの方が安い

機能的には大差なさそうなので、価格で決定。エネループにしました。

充電器+充電池のセット。

さらに、充電池のみ単品であと4本欲しい。


充電式電池の導入にかかった費用は、2800円ほど(当時価格)でした。

充電式電池エネループの使い心地

我が家にとってはじめての充電式電池ですが、これ買ってよかったです。こんなことならもっと早く導入しておけばよかった。

プラレールも電池いっぱい買ったよね…。

充電中の様子

使い勝手もとてもいいです。充電中は本体のラインが緑に点灯し、満充電になると消えるのでわかりやすいですね。

ボクでもできるよ。

満充電にかかる時間

メーカーが提示している充電時間の目安は4時間。ただしこれは、使い切った状態から満充電(3〜4本)までの時間です。

使いきってからってわけじゃないので、うちではせいぜい2時間ほどです。

単4形と単3形がどちらにも対応

今回は単四電池をつかうために購入しましたが、この充電器は単3形にも対応しているので、いずれ単3形が必要になったとしても充電池だけ買えばいいんです。

これもうれしいですね。

充電池おすすめです

常に良い状態の電池が使用できるようになったおかげで、ラジコンカーのスピードもアップしました。電池残量の速度への影響っておおきいんですね。

速くなってすごく楽しい!

私も「そんなにやってたら電池なくなるよ!」とかケチケチしなくてよくなったので、親子ともども大満足です。

コメント