夏休みの最後の日をどうすごそうか。そうだ、1日フリーダム宣言!

小学生

夏休みの最後の1日をどうすごそうかと、先日からいろいろ考えていました。

楽しげなイベントがあるらしいけれど、このあいだ旅行したばかりだし入場料にこれ以上お金使いたくないなぁ。フードも高いし。

じゃぁスライダーに定評のある市民プールにでもいこうか。なんか気がのらないけど。

あぁでもない、こうでもないと考えあぐねていたけれど、朝のリビングからどんよりした空を見上げたとき、妙案がふってきたのです。

スポンサーリンク

夏休み最後の日の過ごし方

前日、息子たちに「明日、何したい?夏休み最後だし」と聞いてはいたけど、彼らもいっぱい遊んだのか、さほど欲もなく「んーなにかなぁ」と気のない返事。

そんな彼らにとってこれはとんでもなく素晴らしいことだろう、と確信して告げたのは

『今日は好きなことをすきなだけしてすごそう!』

すきなこと、すきなだけ。フリーダム!!!

息子たちの ”好きなこと” ってやっぱり間違いなくあれです。

普段、親の制限下におかれた彼らにとって「ゲームを好きなだけできる」権利と「Youtubeを好きなだけみれる」権利が与えられたのです。

やったーー!!!お母さん大好き!!

お母さんやっぱり優しい!世界で一番大好き!!

もうほんと愛されすぎて困っちゃうなぁ。

とことん自由な1日にするぞ

こうなったらとことんフリーダムにしよう。

朝ごはんも食べたくなったら言ってね。作るから。

朝ごはんが面倒くさい彼らにとっては、これまたスペシャルで「お母さんサイコー!」の嵐。

だけど着替えと歯みがきだけはしておいてね。

これいっとかないと、丸一日パジャマですごすところだった。あ、でもそれでも良かったかなぁ、ほうっておくんだった。

テンション高めの息子たちは「うひょー」とか「いえーい」とか口々にいいながら、早々にきがえはじめて、早々に歯みがきして、早々にタブレットに向かいました。

そんな様子をみながら夫は

今日はいっぱいあそべよー

と仕事にいきました。背中で「いってらっしゃーい」の子どもたち。今日はフリーダム。

ゲーム三昧ですごす息子たち

息子たちが何をして過ごすかはそりゃもうゲームゲームゲーム……

テレビゲームやったり、タブレットやったり。楽しいのか、そんなにゲームしてて。

きゃっきゃきゃっきゃいいながら遊んでいる、小4と小1の息子たち。やっぱり兄弟っていいなぁとしみじみ思います。

去年までは長男が夏休みでも、保育園児だった次男にはながいお休みはない。

今年から2人そろっての夏休みを過ごすことになって、素敵な光景を毎日みることができました。やっぱ夏休みはサイコーだなぁ。

終わっちゃうの本当にさみしい。お母さん、さみしいよ。

そんなセンチメンタルな母の気持ちをしらず、ゲームにあけくれる息子たちです。

お菓子コーナーも設営完了

少々やりすぎかとも思いましたが、お菓子コーナーも設置しました。

「パンもあるから好きなときに食べてね」とか、もうここまでくると息子たちのフリーダムというより、私のフリーダム な気もしてくるなぁ。

そんなつもりなかったんだけどなぁ。

お母さんも好きなことしててね!

と長男もいってくれたことだし、今日は自由にすごそうか。

明日からがんばれ!がんばろう!

我ながらセンスのいい「夏休み最後の1日」を提供できたなと、自己満足にひたっています。

それにしても、どこかに連れていくことだけが<楽しい過ごし方>じゃないんだなぁと改めて感じました。

もうこんなんで楽しいんだもん、息子たち。

明日から学校、がんばってね。お母さんも仕事がんばります!お父さんもひきつづき頑張れー。みんながんばろ。

コメント