子どもに母親の死を想像させてなんになる?【ママがおばけになっちゃった】

しんかんくんシリーズを手がけるのぶみさんの絵本。ママが死んでおばけになっちゃうってどうなんだろうと思いつつ手にとったけど、これはなんだ?子どもにはきつすぎる内容。これを子どもに聞かせてどうしたいんだろう。しかも売れてるって。子どもにとっては恐怖でしかないよね。

絵本作家のぶみさんの描く絵本

長男が0歳のときから小学校3年生の現在に至るまで、寝る前の絵本の読み聞かせをするのが日課となっております。

のぶみさんの絵本もたくさん読みました。

中でも「しんかんくんシリーズ」は子どもたちもお気に入りだし、私も、かわいいしんかんくんと優しいかんたろうのやりとりが大好きです。

絵本の端々に小ネタが仕込んであるのもまたおもしろいんですよね。

そんなのぶみさんの絵本『ママがおばけになっちゃった』は、冒頭からママが亡くなってしまうという衝撃の作品です。

とはいえ、のぶみワールドで面白いのかなと思いましたが、うーーん、これってどうなの。子どもに読み聞かせたいとは思いませんね。

絵本『ママがおばけになっちゃった』の感想

『ママがおばけになっちゃった』の内容を軽く紹介。

ある日、ママが交通事故にあってなくなってしまう。

悲しむかんたろうのそばには、おばけになったママがいるけどかんたろうには見えない。

夜、おばけになったママがあらわれる。「なんでしんだんだよ、ぼくどうすればいいの?」と号泣するかんたろうに、ママもこらえきれず泣き出してしまう。

ママはかんたろうに「死」について語り、泣きながら、かんたろうへの深い愛を伝えていなくなる。

それはのぶみさん流のおバカ色あふれる絵と文章でつづられているんだけど、やっぱりテーマの重さはぬぐいきれないなという印象。

そもそも子ども向けの絵本でママを死なせる必要があったのかな。

こちらで全ページ試し読みできます。絵本ナビ

お母さんの死を疑似体験させるだって??

のぶみさんはこう語っています。

一度、この絵本でお母さんの死を疑似体験した子は、お母さんを大切にするようになります。「死」を想像することで、生きていることを大切にしようという意識が芽生えるのでしょう。

なにその疑似体験、こわい。

死を扱った絵本はこの本以外にもあります。

だけど私の知る限り、こんな風に「かなしい、かなしい」と子どもがわんわん泣いたり、ましてや死んだママが大泣きするなんてことはありませんでした。

むしろそれらは、既に死別を経験した子どもの心を温めるような、そんな絵本でした。

一方で、のぶみさんには、まだ死を意識したことがない子どもたちに「死」による悲しみを強く想像させたいという意図があった。

そうやって「お母さんの死を疑似体験」させ「死を想像する」よう促したのです。

感動する親たちの気持ちはわかるけど

この本が例えば、大人に向けられたものであったなら私の感想も違います。

ママが愛情を語るところは、まさに泣きのシーン。子を残して死んでしまった親の切なさが散りばめられています。

今ある幸せをちゃんとみて。いつ終わりがくるかわかんないんだよ。

この絵本に肯定的な親たちは、きっとその部分に共感する部分があったのでしょう。

大人はそう。悲しい物語からちゃんと汲みとることができます。

だけど子どもはそうじゃない。

のぶみさんが伝えたかった「命の大切さ」や「お母さんの大切さ」を本当にこの本から受け取れるのでしょうか。

子どもたちが感じるのはきっと・・・

お母さんが死んでしまうことの恐怖

想像すらしていなかった「ママの死」という未来をわざわざ引きずり出して、ママはいつか死ぬんだよ、だから大事にしないといけないよ。

ってそんなことを伝えたいと?

絵本はもっと優しくていい

私が子どもたちから「お母さんを大切にしなきゃ」と思われたいかどうかは別として、ママを大切にしなさいよと伝える絵本はありだと思います。

ママだけじゃなく、友だちとか、モノとかね。

だけどその伝え方は、そんなに強くなくていい。子どもの心をかき乱すような強引さはいらない。

大人は人生経験から、痛みを緩和させる術を知り、痛みのない受け取り方を知っていたりします。

でも子どもはそれができない。痛みは痛みのまま受けとるし、1度受けた痛みを恐怖として残すこともある。

まだ数年しか生きてきていない子どもたちと、自分たちの感覚を一緒にしてはいけない。

この絵本を読んで「感動したから子どもにも」と思うママは、子どものそんなナイーブさもいま一度考えてみたほうが良いかと思います。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

何をしたいのかわからない。やりたいことをみつけるためには【行動する勇気】

夫婦の寝室が別だと「子どもがかわいそう」と言われて、考えてみた

ホリエモンが十分な睡眠時間を確保しつつ、超人的仕事量をこなせる理由

Kindleを使って感じたデメリット。そもそも紙の本と比較したらダメなのよ

2016年5月に読んだ本まとめ。本当の自信と文章術と、あとやる気と猫と社会問題

とっさに右と左がわからない「左右盲」が子どもに遺伝したかも!?