面倒なキッチンマットの洗濯が楽になった!汚れたとこだけ取り外せる!

長いキッチンマットは好きだけど、なんといっても洗濯が面倒だった。でも汚れたところだけさっと外して洗えるピタプラスでその不満が解消されました!

(星5つ)

キッチンマットの洗濯が面倒くさい

キッチンマットはロングタイプが好きです。

これまで、シンクから調理台、コンロにつながるすべての床面を覆ってくれる240cmのものをずっと使ってきました。

使用は快適!なのだけど一番ネックになっていたのが洗濯でした。

くるくる丸めて洗濯機に入れ、じゃぶじゃぶ洗えばいいんだけど、240cmのマットをはがして、洗濯機に収まるように束ねるのがちょい手間。

しかも洗い終えたあとに物干しにかけるのも、重いわ長いわで面倒くさい。

くるくる巻いた状態で洗ったマットが、本当にちゃんと洗えてるのかなぁってものも気になるよね。

並べてつかうピタプラス

そんなわけで、洗濯頻度もあまり十分ともいえない状態だったせいか、汚れが沈着してなにやら汚らしくなってきました。

よしっ!新調しよう!

そして悩んだ末に決めたのが、これ『ピタプラス』。

1枚、45cm×60cmというまるでバスマットのような大きさです。

それをお好みに合わせて、複数枚ならべて使うというのがこのピタプラスなのです。

うちでは4枚使用。マットの幅が60cmだから、60cm×4枚で240cm。ピッタリだわ。

色は、オレンジ・グリーン・ベージュ・ブラウンがあって、異なる色を組み合わせてもいいし、もちろん単色でもよい。

こういう色問題は悩むよね。

私もさんざん迷った挙句、オレンジの一色買いにしました。キッチンがぱぁっと明るくなって気持ちもあがります。

ずれない滑り止めつき

ピタプラスの「ピタ」のゆえんとも言えるのか、マット裏の滑り止めはかなりしっかりしています。

到着時は、こんな風にビニルのシートが貼られていて配送中にピタピタしてしまうのを防いでいるぐらい。

なので、床に置くと「ピタッ」となり、はがすときは「ベリベリベリッ」と音がでます。しっかり吸着してるってことですね。

並べる際にマットとマットの間に少し隙間があいたとして、それをすーっと寄せるなんてことは難しいですね。

おかげで使用中にずれる心配がないというのは大きなメリットです。

外せるので洗濯も簡単

今回ピタプラスを選ぶ最大のポイントとなった洗濯という点でも、大満足です。

やっぱり小さな単位で洗えるのいいわぁ。気軽に洗えるようになりました。

このピタプラス、2枚組で2400円ぐらいでした。うちは4枚買ったから5000円。

24cmのキッチンマットを買おうとしたら、安いので2〜3000円ぐらいだし、4000円台でもまぁまぁ選べたりします。

だから私的にはちょっと高めかなぁと思いながら(そこ迷って1日おいた)やっぱりこれにしよう!と買いました。

買って正解!大満足!

これまで使っていたペラペラのものと違い、厚みもしっかりあってスリッパなしでも気持ちよく立つことができます。

うん、いい買い物した。

そもそもキッチンマットって必要?

そもそもなんですが「洗濯が面倒ならキッチンマットやめちゃえば?」なんてご意見もあろうかと思います。

実際、キッチンマットを使わない派の人も多いですよね。

私もそれも考えたんだけど、でもやっぱり・・・うちには必要だわ。

水とか油とか、なんかよくわからないものとかが飛んだときに、靴下にしみこんだり、スリッパで踏んづけたりしてそれで歩き回ったりとかのほうが嫌だ。

というか、こぼした時にすぐに拭くなんてマメな女ではない。

面倒くさがりには、キッチンマットは必須だなという結論です。

まぁ一番面倒くさいのは料理なのでそれを外部に委託できるほどに豊かになりたいものです。(夢)

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

紙の本好きがKindle買ってみたら、電子書籍の便利さにびっくりした

食卓に欠かせない、子どもの食事用おしぼりを新調しました

レゴデュプロはおすすめ!年齢に合わせてながく使える優秀なおもちゃです

ラジコンは電池喰い!充電式電池への切り替えは親も子どもも大満足だった

【コンビニ福袋】ファミリーマートのオープン記念!500円の中身は?

アイシティ提携眼科での拭えぬセールス感は気になるけど、これは仕方ないか