Kindleを使って感じたデメリット。そもそも紙の本と比較したらダメなのよ

遅ればせながらKindleデビューを果たし、Kindleライフを楽しんでいます。そんなお楽しみの様子はこちらにまとめた通りです。

「電子書籍で読書とかないわ。なんでもかんでもデジタルにすればいいってもんじゃないでしょ」 なんて思ってました。だって紙の本が好きなんだもの...

概ね満足です、が!

やっぱりこういうところは紙の本でないとなーと思うところもあります。

いや、そもそも紙の本と比較すべきでないのだろうけどね。

流し読みができない

これは普段の本の読み方にもよるんですけど、私の場合はいきなりパラパラパラーとめくります。

パラパラパラー

読んでいるというよりも全体の雰囲気を見て、これからこの本を読むぞ!という気持ちを温めるウォーミングアップみたいなもんです。

それから目次にサラーっと目を通してから、いよいよ読みはじめるんですね。

お気づきでしょうが、電子書籍は当然のことながら「パラパラパラー」ができません。ページめくりを連打するしかないでしょう。しませんよね。

というわけで、パラパラしたい欲求は満たされることはなくムズムズします。

紙の本の付箋には及ばず

気になったところや、ここは!と思ったところに線を引いたり付箋を貼ったりということはよくありますね。

もちろんKindleにも「線=ハイライト機能」「付箋=ブックマーク機能」が用意されていますので、これはよく使っています。

ハイライト機能は使える!

私は本を汚したくなくて線はあまり引かない派なので、その点、ハイライト機能は罪悪感なく引けていいなと思います。

ときおり「◯人がハイライト」というように、他の人がハイライトした箇所を提示してきたりします。

へーそうなんだー、こういうとこハイライトしてんだねーと人の読書スタイルが垣間見れてちょっと楽しい。

また、ハイライトした箇所は一覧表示できるし、Evernoteにも出力できたりするのは、本当にKindleさまさまといったところです。

http://nelog.jp/amazon-kindle-highlight

ブックマーク機能が使いこなせない!

ブックマークしたページも一覧として見ることができます。タップするだけでそのページにジャンプできるのは、電子ならではですね。

私は付箋をぺたぺたいっぱい貼る方なので、紙の本では「どの付箋だっけ」と付箋めぐりがはじまることもあります。だから一覧できるのはいい。

かと思いきや、なんかいまいち使いこなせてないなー。

ブックマーク一覧は、そのページの冒頭部分を表示するんですね。冒頭部分だけ見ても、自分がなぜそこをブックマークしたかわからないので見に行く。

あぁこれか、ここじゃないわ、どこだっけと見に行く。ここじゃないわ、見に行く。

で結局、ブックマーク巡りがはじまるというわけ。しかもパラパラできないから、たどり着くまでに時間がかかるし。

ま、貼りすぎってことなんでしょうけども。

人に貸せない

「これ面白かったよ」って気軽に人に貸すことはもちろんできませんよね。

ときどき読書会に参加するんですが、そこでは各々本の紹介をしてみんなでさらっと回し読みしたりするんですね。

「さらっと読む」これ Kindle の苦手なやつだ。

なので Kindle 以外の本を紹介するか、あるいは同じ本を図書館で借りてきたりしています。これ手間です。

知らず知らずに本を買いすぎ問題

これが一番の問題かな。

Kindle本は紙の本より安いことが多いですが、さらに「日替わりセール」や「月替わりセール」でお得に買えます。

セール…しかも今だけ限定とか…

必要以上に買ってるよね。「〜OFF」とか書かれてたら、うっかり買ってしまうよね。しかもKindleの場合は、カートを経由せずにワンクリックで買えてしまう。

それだけ読書頻度があがるってことなんですけど、出費も増えるってことです。

ご利用は計画的に。

思ったより反応が遅い

これはKindleというよりも、私が使っているPaperwhiteの性能ですが。

スマホやiPadなどのタブレット端末と比べると、反応がにぶいです。反応しないので連続タップしておかしなことになったりします。

ページ送りに関しても使いはじめは、スマホとは違うその切り替え速度にあれ?と思ったんですが、すぐに慣れました。

読むリズムを妨げられることはありませんが、速読やものすごく読むスピードが速い人は気になるかもしれません。

Paperwhite から Voyage に買い換えた知人は「全然違う!」と言っていたので、その辺りの快適さを求める場合は 、上位機種がいいですね。

まとめ

デメリットというか、不満をひと言で言うと「パラパラできないこと」ですね。

紙の質感がーとかそういった五感的なものに関しては「これはこういうもの」としてすんなり受け入れられたので問題なしです。

あとはブックマーク機能の使い方や、パラパラ欲求をどうするかということ。

携帯がそうであったように、電子書籍リーダーもこれから進歩し続けるでしょうし、どんどん便利になっていくでしょう。

今はつい紙の本を引き合いに出してしまいますが、今後は「それはそれこれはこれ」として両者のメリットを享受しながらの読書ライフとなることでしょう。

 この記事へのコメント

  1. oshimugisuki より:

    こんにちは(^^♪
    今まさに購入を検討していたので、為になりました!
    紙も電子も、一長一短なのかなーと思いました。
    そして買いすぎ…私もやってしまいそうです(-_-;)

  2. achi-a より:

    押し麦 (id:oshimugisuki)さん、コメントありがとうございます。
    そう、一長一短ですね。でも「長」の部分がどちらも魅力的なので、読書ライフが向上することは間違いなしです!
    ということで、買いすぎ注意だ・・・

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

母親だって同じこと【父親が子どもとがっつり遊べる時期はそう何年もない】

私が手帳を活用できない理由がわかった。3月だけど1月始まり手帳でリスタート

2階にいるとインターホンの音が全く聞こえないのでサウンドモニターを導入した

ラキュー(LaQ) っておもしろい!レゴとの違いや遊べる年齢などを比較してみた

【世界から猫が消えたなら】の読書感想。映画化されたけど原作はいまいち

せなけいこファン必読!自伝的エッセイ『ねないこはわたし』で、その世界観にひたる