本『希望の糸/東野圭吾』ネタバレなし感想。殺人事件の真相は切なく悲しい絆の物語。

あつき
あつき

被害者も加害者も、そしてそれを取り巻く人たちが切なくて悲しい。

ねこさん
ねこさん

これぞ東野圭吾という感じの1冊だね。

あつき
あつき

悲しみの中には希望がある。私の好きな、東野圭吾本でした。

希望の糸

希望の糸

東野 圭吾
1,788円(04/23 16:44時点)
Amazonの情報を掲載しています
スポンサーリンク

ネタバレなし感想

プロローグから一気に引き込まれる。

震災で愛する子どもたちを失ってしまった夫婦。当たり前の日常や思い描いていた未来を唐突に奪われて、絶望の淵を彷徨い続けていた彼らは新たな命を求めた。失った2人の分も幸せになってほしいと願って。

生まれながらにして重い十字架を背負わされた娘・萌奈。両親から受けとる深い愛情には漏れなく亡くなった姉兄の分も加味されていて、辛いだろうなと15歳の少女の胸の内を思う。

だけど同時に、子供を亡くした親の想いも理解できてしまう。お互いに苦しい。愛しているからこそ切ない。

カフェの女性店主が殺害された事件に、容疑者として名前が挙がったのは萌奈の父・行伸だった。

一見つながりがなさそうな、殺人事件と一組の父娘に接点がみえる瞬間が「THE東野圭吾」という感じでゾクゾクした。

さらにそこから次々と明らかになる真実は、私の想像をはるかに超えていて切なくも悲しい東野圭吾ワールドに没入していく

殺人事件の輪郭がはっきりしていくと、なんで…なんでこんなことに… と過去に起こってきたいくつもの点と点がやるせなく、この非情な現実に涙を流しながらページをめくった。

東野圭吾はいつもこうだ。被害者はもちろん、加害者さえも悲しい。どこかで救えたんじゃないかと思わせられる。そしてそんな悲しみの中だからこそ「絆」という希望の糸が光を放つのだろう。

希望の糸

希望の糸

東野 圭吾
1,788円(04/23 16:44時点)
Amazonの情報を掲載しています

主要な登場人物

あらすじ

文庫本

2021年3月現在、文庫化はされていません。

希望の糸

希望の糸

東野 圭吾
1,788円(04/23 16:44時点)
Amazonの情報を掲載しています

映画・ドラマなど映像化

2021年3月現在、映像化はされていませんが、版元の講談社から紹介動画があります。

予告編ムービーの女優さんは木村なつみさん。かわいいですね。

このルックスですからモデルさんであることは納得なんですが、他にもアクセサリーブランド「フリョウヒン」のプロデューサーとしても活動中だそう。

YouTubeやInstagramで情報発信を行なったり、いまどきの若い方は可愛いだけにとどまらず、行動力も素晴らしいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました