イヤイヤ期の子どもの心を想像してみたら、その時期がちょっと楽になった話

2歳前後にやってくるイヤイヤ期は「魔の2歳児」との異名がつくほど強烈な第一次反抗期です。

「自己主張」という大事な成長過程でのひとコマですが、親としては延々と続く子どもとの攻防に心身ともに疲弊してしまう時期。

でも思うんですよ。

あんな些細なことで、毎日泣いたり怒ったりする子どももかなり辛いんじゃないかと。子どもの心を想像してみたら、少し楽に寄り添えるようになりました。

泣く理由が知りたい

うちの息子たちももちろん、イヤイヤ期を経てきました。とにかく何かにつけて「イヤイヤ」言ってましたね。

義母には「あんたが甘やかすからこんなわがままになるんや」と怒られてたし、側から見てもなかなかのモンだったんでしょう。

ある日の夕飯のシーンが頭に浮かびます。泣いている小さな長男を見ている私。

何がイヤだったのかな、ご飯が気に入らなかったのかな。長男は涙をポロポロこぼしながら、真っ赤な顔で怒っています。

繰り返されるこの泣き怒り。原因がわからない私は「どうしたらいいんだろう」と考えていました。

ただのイヤイヤ期と言ってしまえばそれまでですが、何か理由があるはずです。

「どうしたのかな、どうしたらいいのかな」泣いている長男を見ながら考えるうちに、ふっと思うことがありました。

自分では対応しきれない感情

「これは自分でも理解できないもやもやなのかもしれない」

私たち大人もこれまでの人生で、そういった「なんだかわからないもやもや」を抱えたことがあると思います。

思春期、高校生、大学生、社会人そして結婚してからなど。

その時々で根底にはいろいろな問題を抱えていたでしょうが、具現化されずに「なんだかわからないもやもや」として心を支配された経験はないですか。

辛いんです、これ。


[ photo by GU / 古天熱 ]

なんだかわからないけど、心が締め付けられる。

なんだかわからないけど、イライラして涙が出てくる。

なんだかわからないけど、不安で心もとない。

そういった、なんだかわからない感情がこみ上げてくる苦しさありませんか。

イヤイヤ期の子どもがちょっとしたことですぐに泣いたり怒ったりしてしまう危うさは、それに近いものがあるんじゃないかと想像しました。

親は寄り添うことしかできない

そんなことを思うと、かわいそうでかわいそうで。

こんな小さな体で、あんな得体の知れないもやもやと戦ってるのかと思うと、不憫でしかたなくなりました。

楽しく夕飯食べてたのにこんなことで泣き出しちゃって、この子も辛いんだろうな。「がんばれ、がんばれ」と背中をさすりながら私も泣いてました。

もちろん私たちが経験してきたようなそれとは違って、成長過程のもやもやなんですけど、でもだからこそ抗(あらが)えないという。

頑張ってんだなぁ。お母さんはただ寄り添うことしかできないよ。

「なんでこの子にこんな試練を与えるんだ!」と誰に向けてか分からない憤りを感じる始末で、完全に自分の中で「もやもや論」が成立しました。

この解釈が正しいかどうかはわかりません。でもとても楽になります。


[ photo by Fenanov ]

だってこれは「子どものせい」じゃないんですから。子どもに試練を与えた何かのせいなんですよ。だったら子どもの頑張りに寄り添うしかない。

それからというもの、息子がイヤイヤをしだすと「がんばれ」と心の中でエールをおくるようになり、イライラどころか抱きしめるようになりました。

時には、切なさで涙することも。(やりすぎ笑)

でもそうやって客観的に子どものその時期を見ることができると、イライラするより、「この子にどうしてあげればいいのか」と考えることが中心になっていきます。

いや、もちろん無理なときもありますよ。

でも「自分だったらどうだろう」と置き換えてみることで、心は少し楽になります。

そうこうしているうちにイヤイヤ期は終わってました。

息子たちはあの時期を覚えてないでしょうね。お母さんには大切な思い出だわ。

 この記事へのコメント

  1. oshimugisuki より:

    こんにちは。またコメント失礼します。
    我が家は今まさにイヤイヤ期を迎えていますが、息子がなんだかモヤモヤしてきた時、「一回ギューする!おいでー!」と両手を広げ、ハグしています(^^♪
    ハグ拒否されても、ママはハグしたいんだー!といって追いかけるといつのまにか笑顔に。
    いろいろなイヤイヤ期対策があるかと思いますが、あちブログを読んでいて、なんとなく似ている気がして、コメントしてしまいました!

  2. achi-a より:

    押し麦 (id:oshimugisuki)さん、コメントありがとうございます!
    ギューの効果は絶大ですね(*^ ^*) 普段から子どもが安心できる場所を作っておくことって大事だなって思います。
    うちの小2長男も「ぎゅーして」と言いに来ます。安心したいときなんでしょうね。
    ただこっちから「ね、ぎゅーさせて」といくと「今いや」とか言われますが…問答無用です。笑

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

子どものトイレトレーニングが上手くいかないのでやめてみたらあっさり成功した

やってない!と嘘をつく4歳の子どもに、オオカミ少年のお話をしてみた

田舎の保育園は子どもにも親にも優しくて最高だった!少人数のメリット・デメリットも

1歳の子どもの熱性けいれん体験談。救急車を呼んでもいい?対処法は?

男の子なのに女の子向けのキャラクターにはまってしまった息子の思い出

怒られても笑っているのはなぜ?子どもを抱きしめたら分かったこと