自由な時間

自由な時間

聞いてはいたけど、さすがにグロすぎる小説【殺戮にいたる病】の感想

グロい小説は別に嫌いじゃない。これまでも読んできたし、乙一の【GOTH】とかもなかなかだったけど、むしろ好きだし。だけどこれは・・・ グロいの苦手な人には本当
自由な時間

まるでホラー!愛されたい男がサイコパスになる怖すぎ小説【火の粉】の感想

これは怖い!ミステリーというよりホラー。幽霊こそでてこないけど、じわじわ忍びよるあの恐怖に背中がぞくぞくしました。 かなりボリュームはあるけど、続きが気になっ
自由な時間

特別なファンじゃなくても誰しも自分史に「SMAP」がいるというすごさ

この三連休はちょこちょこお出かけしたり用事をこなしたりしながらも、見られる限りAbemaTVを視聴してました。 話題のあれね、『72時間ホンネテレビ』です
自由な時間

小説家っておもしろい!オードリー若林とのトークで魅力が炸裂する【ご本、出しときますね?】

この本、おもしろかった! BSジャパンで放送されていたオードリー若林正恭さんのトーク番組『ご本、出しときますね?』が書籍化されたもの。 オードリーの
自由な時間

本【君の膵臓をたべたい】いい話だけど絶対泣ける!はハードルあげすぎだという感想

2016年の本屋大賞で2位となったこの小説『君の膵臓をたべたい』をようやく読んだ。 映画化されるということもあって、うちの近くの書店では未だに平積みされて
自由な時間

映画【湯を沸かすほどの熱い愛】本当に素晴らしい。母の愛に涙、自分の生きる意味を考える

『湯を沸かすほどの熱い愛』この映画、みにいって良かった。本当に素晴らしい。 主人公は余命2ヶ月を宣告された母で、最期の時間を家族と自分自身のために生きるっ
自由な時間

映画【ビリギャル】予想外に面白くて泣けた!子育て中の親に是非オススメしたい

Amazonビデオでプライム対象、いわゆる無料視聴になってたので、ちょっと観てみよかぐらいの気持ちでなんとなく観た映画『ビリギャル』 まさかこんないい映画
自由な時間

映画【アングリーバード】が全然おもしろくなかったので声優・坂上忍の感想を書く

映画『アングリーバード』次男たっての希望で家族で観に行ってきました。おばあちゃんちのケーブルテレビで観たらしいの。 怒りん坊のレッドがこの映画の主人公で、
自由な時間

映画『君の名は』の感想。なにこれ!単なる恋愛モノかと思ったら大間違いだった

全然観に行く気はなかったんです。 だって主人公が高校生って。もうそんなティーンエイジャーの恋愛物語には乗れない、そんなアラフォーですから。 イマドキ
自由な時間

せなけいこファン必読!自伝的エッセイ『ねないこはわたし』で、その世界観にひたる

長男が生まれたとき、出産祝いに頂いた「いやだいやだの絵本セット」がせなけいこさんとの出会いです。 いや、その絵柄はもっと前から知っていたし、私もそれを読ん
自由な時間

2016年5月に読んだ本まとめ。本当の自信と文章術と、あとやる気と猫と社会問題

今月はいっぱい本を読んだなーなんて思ってたけど、読了していない本がいくつもあったので読んだのは5冊だけだった。忙しかったもんなーなんて。 Kindle導入
自由な時間

子どもの脳死、親は臓器提供の答えをどう出すのか【人魚の眠る家】東野圭吾

「言いたいことがあったら小説でいう」東野圭吾さんのエッセイの中の一文。 彼がこの小説で伝えたかったのは、子どもの臓器提供を否定することでも肯定することでも
自由な時間

Kindleを買うときに悩んだオプションのこと。保護フィルムはいる?延長保証は?

はじめてのKindle、買うまでにはすごく迷いました。 「紙の本が好きだし、電子書籍ってなんとなく抵抗ある」 そうはいっても出かける時には本を数冊持
自由な時間

Kindleを使って感じたデメリット。そもそも紙の本と比較したらダメなのよ

遅ればせながらKindleデビューを果たし、Kindleライフを楽しんでいます。そんなお楽しみの様子はこちらにまとめた通りです。 概ね満足です、が
自由な時間

紙の本好きがKindle買ってみたら、電子書籍の便利さにびっくりした

「電子書籍で読書とかないわ。なんでもかんでもデジタルにすればいいってもんじゃないでしょ」 なんて思ってました。だって紙の本が好きなんだもの。 読書の
自由な時間

【世界から猫が消えたなら】の読書感想。映画化されたけど原作はいまいち

NHKの番組『課外授業 ようこそ先輩』に作者の川村元気さんが出演しているのを見た。 川村さんの母校である横浜の中学校で行われた課外授業。『世界から1年2組
自由な時間

映画「アーロと少年」に登場する恐竜の種類は?子どもと図鑑で調べてみた

映画『アーロと少年』を子どもたちと観にいったあと、恐竜好きの息子と図鑑を見ながらの恐竜トーク。 ややこしい名前、似たような見た目、だけどその特徴を見てみて
自由な時間

宇宙飛行士・山崎直子を妻にもった夫の恨み節がすごい【宇宙主夫日記】

感動秘話を求めて手にしたのに・・・なんとも仰天な本でした。 著者は、宇宙飛行士・山崎直子さんの夫・大地さん。まず彼はなにが言いたくてこの本を書いた