夫婦の寝室が別だと「子どもがかわいそう」と言われて、考えてみた

うちは子どもが生まれてから夫婦の寝室を分けました。

そんな話をしていると子育ての先輩に「パパだけ別の部屋で寝るなんて子どもがかわいそうよ!」とご指摘を受けてしまいました。

そ、そうかな? 我が家のケースについてお話しします。

 寝室を分けた理由

寝室を分けた理由はズバリ、夫のいびきです。

どちらかというと瘦せ型の夫ですが、いびきがとにかくうるさい。何度も病院に行ってくれと言っても聞きません。なんで男の人って病院を拒否るんですかね。家族のためにも行ってくれたらいいのに。

もとい。そんなわけで、私は子どもが生まれるまではずっと耳栓をして寝ていたんです。朝起きると耳の穴が痛いし、耳栓しても聞こえるし、夜中に何度も目を覚ましたり、リビングで寝ることもありました。ほんと病院行ってよ。

子どもが生まれたらさすがに耳栓は無理だし、夜中の授乳と夫のいびきがダブルでは、とうてい寝られませんでした。試行錯誤の結果、寝床はそれぞれ、夫は2階の寝室、私と子供は1階の和室となったのです。

妻のメリット

別寝室というのは、メリットが大きいように感じてます。特に、子どもが小さいうちは、母親のストレスが大幅に減ります。

育児あるある。子どもが夜中に泣くと、母は寝ていたい気持ちを奮い立たせて起きて、抱っこ・寝かしつけるの行為。これ自体にはそうイライラしないんですよね。しんどいけど「あーはじまったー」って思うぐらいで。

一方、奮い立たせた自分に対して、知らん顔で寝てる夫。ってか今、布団かぶりなおしたよね?みたいなのが「なんで私ばっかり!」というイライラにつながる。

となれば、そのイライラの原因が目に入らなければ、そこは回避されるわけです。母のイライラは子どもに伝心しますからねー。寝かしつけをも妨げるのです。

夫のメリット

それはやっぱり「ゆっくり眠れる」ってことに尽きるんじゃないですかね。

夜中の子どもの泣き声、うっすら聞こえてるでしょ。でも、起きたとしても自分は何もできないし、手を出そうもんなら余計に泣かせちゃうし。

そんなら寝てよーとか思ったら、妻の機嫌が悪くなってるのを感じるし。「大丈夫かぁ・・・」って言って寝落ちる、一応、起きたぞアピールも逆効果なんですね。

まぁ正直言って、子どもの夜泣きに夫が起きてもあまり役に立たないケースは多いですよね。小さな子どもは無条件で母親で落ち着くものですから。

でも翌朝、妻が「昨日何回も起きて大変だった」と愚痴ったなら「大変だったね、ありがとう」と言ってあげてください。眠りが妨げられるって結構つらい。

デメリット

デメリットはいまのところ、感じていませんね。

moomii.jp

記事によると「夫婦だけでゆっくり話せるのは寝室だけ。別室にすることで、会話する時間が確保できず夫婦の会話がなくなる」とか書かれてますが。そんなバカな。

また「幸福感を得るには就寝前のピロートークが大事とか。ピ、ピロー・・・

正直、会話なんてどこでもできます。子どもに聞かれたくない会話も、なんかそれなりにタイミングってあるもんです。リビングトークでも幸福感ありますよ。

週末イベントのように

我が家の場合は、発端がイビキ対策なので、子どもたちが乳幼児期を過ぎた今も別室は続いています。

ただ、いつの頃からか、週末の夜(金・土)は家族4人で寝る日となりました。子どもたちはこの特別な週末の夜をとても楽しみにしているみたいです。お父さんの隣を取りあったりして、それはそれで素敵な思い出ではないかなーと思います。

そう考えると、子どもはお父さんと一緒に寝たいもんなんですね。「子どもがかわいそう」というご指摘はもっともだったのかもしれません。でも、週末スタイルを取り入れていることで、これについては解消されているかなと。

「夫婦別室でもかまわないけど、お父さんと子どもが一緒に寝る日も設ける」というのが、私の結論です。今のところ。

そうそう、夫のイビキもどういうわけか、ずいぶん落ち着きました。ただ、病院には行って欲しいですね、本当に。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

子どもに「学校へ行きたくない」という感情を誘発してしまった母の失敗

無花果のことはすべてご近所さんが教えてくれた【田舎の子育て】

衝撃!夫のらいおんハート「君を○○ため、そのために生まれてきたんだ」

コストコで子どもが迷子!店内放送はないけど、どこに行けば会える?

母はなぜ悩んでしまうのか。子どもの性格で心配になってしまう3つのこと

なんで私ばっかり!週末の朝は夫にイライラするんですよ。いかんな・・・