大人のADHD診断。特徴が当たりすぎ【片付けられない、間に合わないがなくなる本】

大人のADHDタイプ診断をやってみました。ほぼほぼ間違いないです。

いや、これは青天の霹靂ではありません。そりゃこんな本を読むぐらいですから、薄々は気づいていましたとも。

大人のADHDっぽいかも

よなごらいふさんのこの記事で触れられている大人のADHD。

グレーだよなと感じながらも、今まで確認したこともありませんでしたが、こんなの読んじゃったらいよいよ気になります。

http://yonagolife.hatenablog.com/entry/2016/02/10/193950

すぐに関連の本を取り寄せ、ようやく届いた本を数ページ読んだだけで、冷や汗タラタラです。思い当たりすぎる。ビンゴやん。

とはいえ、『ADHD』という病名がついたわけではありません。

よなごらいふのすすむくんも『ADHD的気質』と表現していますが、この本では『ADHDタイプ』と言っています。

つまり、『なんかADHDっぽいよねー』みたいな、そんな軽いやつです。うん。

この本でも、これは「脳のクセ」であって、決してあなたが「できない」人ではないんですよーと、いってくれてます。

とりあえず診断してみる?

表紙をパラとめくると、すぐにADHDタイプ診断が書かれています。

  •  部屋が散らかっている
  • モノが捨てられない
  • 遅刻してしまう
  • 忘れものが多い
  • だらしのない人だと思われている
  • 家事が苦手
  • 仕事に取りかかるのが遅い
  • 締め切り前にあわてる
  • 事務作業が嫌い
  • 思いつきで行動する
  • 決められたやり方をするのがイヤ
  • 気が散りやすい
  • 好きな仕事なら集中できる
  • 心配・不安を感じがち
  • 実は「自分はダメな人間だ」と思っている

ど、ど、どうですかね。私は1個を除いて、すべて当てはまってしまいました。悔しいですっ!

ADHDタイプの特徴って?

ADHDタイプの特徴は、「不注意」「多動性(落ち着きのなさ)」「衝動性」という3つに分けられます。

不注意

シャンプーがないのに買い忘れ、クリーニングに出し忘れ。

確かに買わなきゃ、出さなきゃって思ってたはずなのに、すっかり抜け落ちてしまう。

これ、注意を持続させることが苦手なせいです。

多動性(落ち着きのなさ)

これはないわーと思って読んでみたら、どストライクでした。

頭のなかはいつもいろいろなやりたいことにあふれていて、気持ちがどんどん動いてしまう

出かけようと思うと家のカギの在りかがわからない。これは、玄関を開けたとたんに、カギの役目は終わり、別のことに意識が向いてしまうから。カギは、次の行動に切り替えたそこに置き去り。

うん、いつもカギを探してる気がする・・・

衝動性

気分のままに行動しやすい。待つのが苦手て、すぐにやりたい気持ちになる。

「これやりたい!」と思ったらすぐにはじめるのに、どれも続かないのはそのせいなのか。

ワーキング・メモリーが小さい

このワーキング・メモリーのお話は目から鱗。どうしていつも時間ギリギリになってしまうのか分かりました。

朝の通勤という作業ひとつとっても、人は過去の記憶をワーキングメモリーに入れて行動している。
家から駅までの時間、会社までの行き方、乗るべき電車、立つ位置。無意識にその記憶を使っている。
ところが、ADHDタイプの人はその容量が少ないのですぐに抜け落ちてしまう。
過去の記憶があてにならず「なんとかなるさ」で、行き当たりばったり。だから、いつも遅刻してしまう。

なるほどー。すごくよくわかる。

「今日こそ余裕を持って出よう!」って思っても、結局いつも時間ギリギリで、自分が嫌になることよくあります。

脳のクセと上手に付き合う

そんな風に「自分が嫌になる」っていうのもADHDタイプの特徴だと言っていて、そうならないために、どうやったら苦手な部分を補えるかという方法が書かれています。

片付け、時間管理、仕事、家事が上手くいくコツや、くよくよしがちなメンタルのことまで。

「わかっちゃいるけど・・・」とか「それができれば苦労しない」というものもありますが、少しずつ取り組んでいけば生きやすくなるかもしれません。

そしてこの本の最大のポイントは、ADHDタイプの人に安心感を与えてくれるということ。

自分自身の気になる行動パターンを言い当てられることに、驚きつつもちょっと笑えてくる。

「なんだ、私がダメなんじゃなくて、脳のクセなんだなー」と、ポジティブな考え方ができそうです。

「片づけられない!」「間に合わない!」がなくなる本(司馬理英子):目次

プロローグ 片付けたいのに、片付かない理由

第1章 「ゴチャゴチャ部屋」を片付ける!①

第2章 「ゴチャゴチャ部屋」を片付ける!②

第3章 「ギリギリ時間」を片付ける!

第4章 「ズルズル仕事」を片付ける!

第5章 「グズグズ家事」を片付ける!

第6章 「うっかり脳」を片付ける!

第7章 「クヨクヨ気分」を片付ける!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

妻の夫への不満「言わなくても分かって欲しい」のイライラから卒業する

宇宙飛行士・山崎直子を妻にもった夫の恨み節がすごい【宇宙主夫日記】

本【明日の食卓】子育てのリアル、虐待へ向かった母親を追い詰めたのはなんだったのか

2016年5月に読んだ本まとめ。本当の自信と文章術と、あとやる気と猫と社会問題

相手を褒めるときに必要以上に自分をけなしてしまう癖に気づき愕然とする

夫が妊娠に無関心という不満。夫婦で漫画「コウノドリ」を読むといいかも