せなけいこファン必読!自伝的エッセイ『ねないこはわたし』で、その世界観にひたる

長男が生まれたとき、出産祝いに頂いた「いやだいやだの絵本セット」がせなけいこさんとの出会いです。

いや、その絵柄はもっと前から知っていたし、私もそれを読んで育ったのかも。

独特の風合いをかもしだす切り絵の世界と、詩のような短い文章は、子ども向けだけど他の絵本とは何かが違う。なんだろう、この感じ。

せなけいこさんの自伝的エッセイ『ねないこはわたし』は、そんなせなワールドがのぞき見える1冊でした。

スポンサーリンク

ねないこはだれだ

本のタイトル『ねないこはわたし』は、せなけいこさんの絵本を読んだことがある人ならわかると思うけれど、絵本『ねないこはだれだ』を受けています。

この絵本は、親にとってもなかなか衝撃的なラストでした。

遅い時間になっても起きている子ども。そんな「おばけの時間」まで遊んでいる子どものもとにおばけがやってくる。

ここまで読むと「早く寝なさい」という教訓的なものかなと思うけど、お話はこう続きます。

よなかに あそぶこは おばけに おなり

おばけの せかいへ とんでいけ

おばけに なって とんでいけ

子どもはおばけに手を引かれ、夜空に向かって飛んで行ってしまうというラスト。暗闇にうかぶシルエットはすっかりおばけになっている。

この絵本について、『ねないこはわたし』のなかでせなさんはこう語っています。

大人の中には「子どもが怖がってすぐに寝てくれてよかった」という人もいれば、「いきなりおばけになるなんて、意味がわからない」という人もいる。

私はどちらかというと後者だったな。なんだこれ、こわすぎるわって思った。

描いた私は、しつけのためとか、ましてや怖がらせようなんてつもりは全くなかった。だって子どもはおばけが好きでしょう。(中略)

だから、「おばけに なって とんでいけ」と言われたら、「いいよ、とんでいくよ」って言う子もいるの。私の娘もそうだった。

なるほど、ストンと腑に落ちました。せなさんの絵本はしつけとか教訓とか、子どもに考えさせるようなものではないんだな。

ただただ子どもの心に寄り添ってるだけ。だからうちの子どもたちもこの絵本が好きなんでしょう。

おばけがなぜ生まれたのか

せなさんには2人のお子さんがいます。

絵本作家を目指していたせなさんにあまり仕事がなかったころ、にんじん嫌いの息子さんのために絵本をつくりました。

新しい紙じゃもったいないからと、ポスターの裏に、デパートの包装紙やチラシを切り貼りして、ホチキスでパチンと止めた手作り絵本。

せなさんもご主人もにんじんが嫌いだったら、息子さんには食べて欲しくて、にんじんコマーシャルのお話を描いた。

それを見た編集者の人が「本にしましょう」となって、せなさんの初めての出版につながったのだそう。

おばけも息子さんのために生まれました。

怖いけど、かわいい、そんなおばけを描いたらよろこぶかしら。

息子が友達になれるおばけを、描いてみよう。

それで生まれたのが、私のおばけ。

そうやって子どもたちが好きなもの、よろこぶものを描いていったのがせなさんの絵本。

絵本を作る工程なども写真入りで紹介されていて、手作り絵本をやってみたいというお母さんにも参考になると思う。

ねないこはわたし

自伝的エッセイ『ねないこはわたし』には、せなさんの切り絵作品が豊富に掲載されていて、眺めるだけでも楽しい1冊になっています。

ずっと読んできた絵本たちに秘められたストーリーや、その制作工程にわくわくする。大人向けの本だけど、子どもも楽しめます。

せなさんは子どもの心がわかるというより、子どもに憧れ続ける大人なのかもしれません。子どもへのこんなメッセージ。

おばけの世界に飛んで行くのは、あなたにとって普通のことかもしれないけれど、大人になるとそれがなかなか難しい。でも私もおばけの世界に、行ってみたいのだ。

『ねないこだれだ』でおばけの世界に飛んで行った子どもは、せなさん自身の願望だったのです。

そんな素敵なせなけいこさんを知る素敵な素敵な1冊です。

まとめ

長男もせなけいこさんの絵本は好きなのだけど、特に次男はずっとどハマりしていて、書店で手にとるのもせな絵本だし、保育園や図書館で借りるのもせな絵本。

おばけだったり妖怪だったりうさこだったり、その都度ちがうけれど、とにかくせなけいこ絵本に心惹かれるみたい。

だから私も何冊も読んだし、何度も何度も読みました。

せなさんの絵本って歌うような文章で「あれ?ここで終わり?」みたいな結末がよくあって、それがものたりないというより素敵な余韻になるんですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク