母はなぜ悩んでしまうのか。子どもの性格で心配になってしまう3つのこと

どこもそんなものかもしれないけど、うちの長男と次男、かなり性格の違う兄弟です。

「石橋を叩いて渡る」ということわざになぞらえて言えば、

  • 石橋があれば「お母さんついてきてー」ってなって「叩いてー」ってハンマーを母に渡す長男
  • 石橋を叩きもせずに渡って、普通にいけば渡れるのになぜか破壊する次男(でも渡れる)

そんな感じでして。

子育てをしていて大変だなーと感じてきたのは圧倒的に次男なんですけど、なんかね、心配してるのは長男なんですよね。多分、ずっとそう。

次男はなんか、ひとりでも生きていけそうなんです。いや、まだ5歳だから現時点では普通に無理ですけど、将来的に。

だけど長男。大丈夫かなぁ、心配だなぁ。

スポンサーリンク

その1・すぐに泣くな!

これは長男にたいして一番多く感じるイライラであり、途方にくれることでもあり。

すぐ泣く。

勉強は基本的にできるほうだと言われるし、ちゃんとできてると思います。だけど少しでもつまずくと「わからない〜 できない〜〜」って泣くんですね、これうんざり。

アドバイスでもしようもんなら「うきゃぁぁぁ」って泣く。なんなの。

怒っちゃいかん、受け止めないかんと、「ん、落ち着こうか、大丈夫大丈夫」と心プルプル震わせながらも、穏やかさを演出するんだけどうまくいかず。

結局「落ち着きなさい!」と怒る母、お前もなって感じなんですが。

勉強だけじゃなくて、なにかうまくいかないと泣くんですね。ゲームでもなんでも。

学校とか友だちの前ではそうでもないというけど、やっぱり片鱗は出てるんだろうか。年齢のわりに幼くないか、大丈夫か。

もっとメンタルつよくなってほしいし、感情を抑制できるようにもなってほしい。

その2・とりあえずやってみろ!

思い返せば、イヤイヤ期に代表される「自分で!」とかいうの、あれ長男はなかったような気がするなぁ。

ないことはないか、多少はあったのかな、でもあまり記憶にないぐらい。

基本的に「やってー、やってー」っていうタイプでした。

お風呂に入っても「お母さん洗って」っていう長男と、ちょっとでも手を貸そうとするとモーレツに嫌がる次男と、まぁそんな感じで対極です。

自分からなんでもやってみよう!っていうガッツがないせいか、新しいことをはじめるのがすごく苦手なんですね。すぐ不安になる。

4歳から習っているピアノもレッスン室に母が同室しなくても大丈夫になったのは7歳になってからだったし。それも半ば強引に、半泣きで。

今年になって弟とはじめたスイミングも、弟が「辞めた〜い!」と気まぐれに言えば、ものっすごい焦った顔してる。いや、一緒じゃないと無理だよ?って。

そうやって、自分のやりたいことを他人に合わせることで、息子自身の世界をせばめているような気がするんですよね。

母としては「これがやりたい!」って本人が強く思えるものがみつかるといいなぁといつも思っていて、「こういうことするの好き!と思ったら教えてね」って伝えてはあるけど、未だにそんなハマるものは見当たらないみたい

その3・ルールはやぶるためにあるんだ!

年齢とともに悪いこともするようになってきたけど、基本的に生真面目です。

小さい時は、例えば「お友だちにバカって言っちゃダメよ」って言ったとします。

そうすると、保育園から帰ってきて「お母さんごめんなさい、今日〇〇くんにバカって言ってしまった・・・」って自己申告する。

いや、いいんだけどさ、そこまでやらんでもいいのよ。

親だからやっちゃダメなことは言うし、守らなきゃいけないルールも伝えるけど、それは100%守らなくったっていいこともある。

ちょっとぐらいズルしたっていいし、ゲームも時間決まってるけどさ、見てないところでこっそりやったってほんとはいいんだよ。

そうやって適度にズルをしてほしいんだけど、それって親が教えることじゃないものね。

なんで心配なの、どうしたいの私

長男について日頃、心をざわつかせていることを3つほど挙げてみましたが、細かくいえば他にもあります。でも、大きなことはこの3つ。

このことを考え出すと、私の親としての育て方が悪かったのかなぁとか、どうしたら良かったのか、もっと突き放して自主性を育てるべきだったのかとかいろいろ思ってしまいます。

愛情不足ってことはなさそうなので。(確認済み)

まぁでも「育て方が悪かった」と捉えてしまうと、じゃぁ長男の育ち方が悪いと思ってんのか、ってことになりますよね。

いや、全然悪くないです。上記に挙げたことに関しては、とても悩ましいけど、他にもいいところがたくさんあって、それは私も含め大人たちもできてないことであったり。

「この子ってすごいな、反省するわ」なんて教えられたりすることもあります。

じゃぁなんで、私はそんな素晴らしい面をもっている長男に対して「心配」という思いを拭えないのか、なんとかせねばと思ってしまうのか。

自分に問いかけてみました。

  • もっと楽に生きて欲しい
  • このまま成長していったら大変、今のうちになんとかしなきゃ

そうだなぁ。私は常々、長男を「生きづらい性格」だと思ってしまいます。

変なところ真面目で、それでいてメンタル弱くて。

もっともっと自由にしていいのに、もっともっとずる賢くていいのに。

無い物ねだりでしょうか。

何かをするときに「お母さん、〇〇していい?」っていちいち確認してくる長男がとても不安であり、不憫でもあります。

あぁこうしちゃったのは私なのかなぁ、私なんだろうなぁって。

どうしたらもっとこの子が自由に生きられるのか、そんなことを考えると、まずは私自身を改めなきゃいけないのかもしれません。

あー、でも次男はものすごい自由で、ずる賢いわ。気が強くて全然泣かないし。

生まれた順番なのか、持って生まれたものなのか。

弟と足して2で割ったぐらいがちょうどいいんだけどなぁ。

怒られても笑っているのはなぜ?子どもを抱きしめたら分かったこと
普通、子どもって親に叱られたりしたらしゅんとするもんですよね。ところが、うちの次男坊さんは違うんです。 ちっとも反省してる気配はないし...

スポンサーリンク
スポンサーリンク