小学生、愛すべきあほ男子。お気に入りフレーズを繰り返す息子と怒る夫

家族で夕飯を食べに行ったときのこと、小2の息子がなんの前触れもなく、なんの脈絡もない突然のタイミングで

「意外と足はっや〜〜い」

と独特の節をたたえて言い出しまして、「ん?」と彼を見ると、照れたような顔をして、昼間、いとこの家で見た動画の内容を教えてくれました。

スポンサーリンク

意味のない言葉に反応する

マリオのゲームを流しているYoutubeで、それを実況するYoutuber が発したセリフのようでした。

「マリオ、意外と足はっや〜〜い」

なんの変哲も無い言葉なんですけど、息子とおそらくいとこである甥の心には響いたようです。

はい、小学生男子ですから、フィーリングというやつでしょう。

それまで「おいしいね!」とか言いながら食べていた息子だったから、家族での外食が楽しいし、そんな高揚した気持ちで昼間のことを思い出したという感じ。

ただただ止まらない

ところがね、一旦口に出すとどうやらおもしろさが止まらなくなったみたいで、それから間もあけずに何度も「意外と足はっや〜〜い」を繰り返す息子。

あほだなーあほ男子だなー、もろ小学生だわーとそんなところにも息子の成長を感じて、注目したくなる母でした。

騒いでいるわけでもなかったし、家族にしか聞こえないトーンだったし、周りの迷惑とかそういうのはなかったんですね。

弟にも、楽しそうな兄のフレーズが伝染して、2人して「意外と足はっや〜〜い」と、ニコニコ言い合っていたのですが。

しつこい!と夫が怒り出す

突然、夫が「いつまで言うんだ!しつこい!」と怒り出しまして、楽しかった「意外と足はっや〜〜い」が、一気にしぼみます。

おぉ、これにイライラしてる、と夫が意外とはっや〜〜く沸点に達したことを傍観してしまいました。

だけど、この人も小学生男子のときはこんなこともあっただろうになー。

ほんとね、男と女って全然違うんですよね。私が経験しなかったことを息子たちは見せてくれます。たいがい「あほだなー、男の子って」っていう感覚なんですけど。

ま、だから面白いと言うかね。

夫にしたら息子が、意味不明のフレーズを繰り返すことなんて、たいして珍しくもなくて、自分が生きてきた経験値の中にあるんでしょうね。

息子のその習性も普通に理解できるから、冷静に「しつこい」という常識的な言葉で押さえてしまうのかなー。なるほど、それもまた興味深い。

千鳥大悟のどゅーわっちゅ少年を思い出す

息子の「意外と足はっや〜〜い」を聞きながら、以前テレビで見た千鳥大悟のどゅーわっちゅ少年を思い出してました。

新幹線で隣に座った小学生の男の子が、意味不明のフレーズ「どゅーわっちゅ」をひたすら繰り返すという、愛すべきあほ男子が出てくる話。

大悟さんも「みなさんも経験あると思うんですけど、子どもの頃って勝手に自分がハマってる言葉みたいのあるじゃないですか」って言ってるし。

そうなのね、本当に男子サイコーだわ。

(どゅーわっちゅ少年の話は、21:45頃)

スポンサーリンク