またネットワークビジネスか!素直な人ほどハマっていく…女性の場合

会社勤めをやめてからしばらくは、何をしようかと人生を模索していました。

ヒントを求めて、どんどん外に出るようにして。Facebookのタイムラインに流れてきた、自己啓発系のイベントなんかにも参加してみたわけです。

しかしそれは、ネットワークビジネスの入り口でした。

スポンサーリンク

それはSNSのイベントだった

私が参加したのは、起業を目指す女子たちが集まるイベント。起業に限らず、目標を持って活動したいと思う、いわゆる人生模索中の人たちの集いでした。

すでに活躍している女性もいて、彼女らの話は私を奮起させたりもしました。主催の女性がまたやり手で「女性の夢を応援したい!」という志をもった方でした。とてもいい時間を過ごしたな、と感激する私に後日、連絡が届くのです。

「先日はありがとうございました。今度、私がお勧めしている○○の商品の販売会があるんですが、いらっしゃいませんか?と。はて、○○って何?

早速調べてみたところ、はい、ネットワークビジネスでした。もーまたかい!

 友人がアムウェイにはまった!

かつて、同じ志をもって切磋琢磨していた友人が、なぜか突然アムウェイにはまりました。アム信者は、良くも悪くも志が高い人たちが多いです。

友人に連れられてセミナーにも1度参加したことありますが、自己啓発の要素が強くて、なかなか面白い話が聞けたりします。ただ最後に「だからアムウェイ製品がいいんです!」的な流れには興ざめするんですが。

でもそこで目をキラキラ輝かせていってしまう人は、どんどん信仰を深めてしまうんですね。

『滋賀で豊かさを追求するフリーランス農家』さんの記事にもありましたが、信者たちは普及活動をはじめます。露骨だよね。

www.kishikorofreee.com

久しぶり!ランチ行こうよ!

女性の場合は、たいがいランチに誘われます。久しぶりに会いたくなってこちらも二つ返事でOKしちゃいますね。

「最近どう?」的な話題の中に、巧みに健康の話やスキンケアの話をぶっ込んできたりします。ごく自然に。ときに保湿液、ハンドクリームやサプリメントなどをテーブルの上に置きます。ただの所持品のごとく。

これに対して「何つかってるの?」とか「何飲んでるの?」とか反応してはいけません。それが彼女たちのランチの目的なのですから。

経験値の高い信者の場合はここですぐに、勧誘とはなりません。しばらくしてまた連絡があります。「料理するからうちでランチしようよー」いよいよ家へのお誘いです。

調理器具で料理教室

ひとり暮らしの彼女の家の調理器具は、すべて統一されていました。それを使って、実に簡単に調理を進めていく彼女。そしてそれがまた美味しいんだ。

「洗い物するね」と申し出た私がつかんだスポンジや食器洗い洗剤もすべて統一されていました。なんだこりゃ、水っぽくて使いにくい洗剤だ。そう思っていると、環境の講義が始まりました。なんかよくわからん実験もはじまりました

f:id:achi-a:20160222135501j:plain

「へーすごいもんだね!」洗浄力に驚かされて、カタログを持って帰る私。調理器具もとっても魅力的です。ただ高いわ。疑り深い私はその社名について調べました。洗剤実験のからくりについても、ネットには情報は溢れています。こわー。

ちなみに「ランチの材料」として、食べに行ったのと変わらない程度のお金は取られました。絶対、儲け出してるね。

『料理教室』と称したそれが、入り口となっているケースも多い。でも調理器具は本当に使いやすそうなんだよね。迷いながらも買っちゃう人の気持ちもわからんでもない。

ビジネスとして成立するのか?

夢のような話がいっぱい出てきます。業界のビッグネームもたくさん出てきて、とても華やかな世界のように思われます。なのに、なんだこの嫌悪感は。私はただ世論に反応しているだけなのか?本当はすごいビジネスなのかもしれない。

好き嫌いにかかわらず、一度話をしっかり聞いてみよう。そう思った私は、彼女にすべて説明を受けました。自分の中ではフラットな状態で聞こうと務めたつもりです。その上で、いやー、こんなものビジネスにならんでしょ。

どう考えても、入ってくるお金よりもつぎ込んでるお金の方が大きい。遠方でのセミナーに交通費払って、人に見せるために商品買って、ただの消費者じゃん。

「この商品が好きだから使ってる」っていうけど、家の中のものがすべてこのメーカーで統一されているって異様だわ。やっぱり無理だなー。

素直な人ほどハマるのか?

彼女は性格もいいし、とても素直な女性です。「何それ本当なの?」という疑いがないんですよね。「すごい!」「感動した!」みたいな、肯定が多いのかな。だから人も繋がっていくんでしょうけど。

でも繋がっていく人が多い一方で、離れた人も多い。だけどそんなことは気にしちゃいないだろうけどね。それほどに同じ夢を持った人たちに囲まれて今は幸せそうです。

先のSNSイベントでも素直そうな女性が、やはりどんどんハマっている様子が見えてきます。「食の安全のためには○○じゃなきゃいけない!」そんな風に言われて洗脳されていくんですね。悲しいかな、家族を守るために、よくわからんビジネスにハマっちゃうんです

子どもの将来のために稼ぎたい!って言ってたのに、気づけば散財しちゃってるんです。広めてる人はそのこと理解してるのかな。私の嫌悪感はそこだなきっと。人に手を差し伸べるフリをして、巧みに踏み台にしてるところ。

素直な人がハマっていくっていうのも、なんだか切ない。

スポンサーリンク
スポンサーリンク